原因と有効な対策

婦人

起こる原因を知っておく

更年期になるとさまざまな不快な症状に襲われます。ホルモンバランスが乱れることが原因で起こる更年期の不快や症状のことを、まとめて更年期障害と言います。更年期障害の症状には、気分の落ち込み、イライラ、焦燥感などの精神的な変化や、肩こり、腰痛、ほてり、のぼせ、発汗などの体調面の異変などがあります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンは女性らしさを司るホルモンです。30代がピークで、40代に入るとがくんと減少します。普段は脳の視床下部にある下垂体がエストロゲンをコントロールしています。更年期になると下垂体がいくら命令を出してもエストロゲンが出なくなり、脳が混乱して自律神経のバランスが乱れ、更年期障害が起こるのです。

飲むだけで予防できる

エストロゲンに働きかけるサプリメントには、ローヤルゼリーや大豆イソフラボンがあります。ホルモンの分泌量のバランスを調整するサプリメントには、マカやプラセンタや高麗人参があります。それぞれのサプリメントは更年期障害緩和に有効です。特に更年期障害の症状が見られなくても、30代のうちからそうしたサプリメントを飲んでおけば、症状が出るのを予防できます。また、今は若年性更年期障害になる女性が増えているといいます。サプリメントを飲んでおけば、若いうちに更年期障害を発症するリスクが減ります。また、ホルモンバランスが整うことによって、美肌の維持や老化の予防、不妊症の改善、生理不順や生理痛の緩和などの効果もあります。